恋愛成就の秘訣!片思い中のイメトレが鍵

自身の恋愛が成就して欲しいという思いは誰もが共通して持っているものですが、残念ながらどれほど強く成就することを望んでいたとしても叶わないこともあります。状況的に叶いやすい場合、叶いにくい場合があることはもちろんですが、仮に叶いやすい状況でも「自身の行動一つで玉砕してしまう可能性」もあります。当然、逆に叶うはずがないと思われるような状況だったとしても見事に成就できる可能性もあります。

恋愛中ならまだしも、片思いの段階では「相手の気持ちをはっきりと確認する手段」がありません。もちろん、本人に直接確認してしまえば早い話ですが、そうすることが出来ずに悶々としている人がたくさんいるわけで、仮に勇気を出して意思を確認したとしても「照れ隠し」や「社交辞令」の返事が返ってきてしまう可能性もあります。当然、本心でなければ何の意味もないため、結果的に「告白するしかない状態」になることが増えてしまいます。

「モテる人」は、自身が告白したときにどのような結果になるのかを的確に予測することができます。これは、それまでに培ってきた経験による推測精度の高さもさることながら、あらかじめ日常会話などから自身と交際する可能性を常に推し測っているため、非常に高い確率で予測を的中させることができます。しかし、「モテない人」にはそういった経験が絶対的に不足しているため、いくら予測しようとしても的中率が高くなりづらいです。

ただ、告白が成功するかどうかは分からないにしても、「少しでも相手にとって印象深い告白をする」という意気込みを持つことはできますし、それによって本来ならば失敗に終わってしまっていたであろう告白が成功する可能性もあります。結果は最後に思い返してみなければ確定しないわけなので、思い切ってぶつかってみるのも手です。

周囲に恋愛経験豊富な友人が居れば、その人に具体的な行動をアドバイスしてもらう方法も効果的です。タイミング、場所、言葉、シチュエーションなどを総合的にプロモーションする術を借りられる状況は非常に有効であり、告白が成功するかどうかを左右する大きなポイントになる可能性も高いです。

ただし、いかに趣向を凝らして準備をした告白だったとしても、その場で臨機応変な対応ができなければいけません。むろん、そういったスキルに長けていないからこそモテない生活を送っているわけなので、「イメージトレーニング」を繰り返してさまざまなシチュエーションに対応できるように準備することが大切です。

返信を残す

必須項目には印がついています*