彼女じゃないけど好きな人に会いたい…どんな連絡をすればいい?

好きな人がいる場合、いつでもその人に会いたいですよね。付き合っていれば、理由なんてなくても、会いたいの一言で会うことができます。しかし、片思い中のときにはそうはいきません。
片思い中に会うためには、ストレートに言うわけにはいきません。相手も自分のことを好きな場合は、それで結果的に上手くいくかもしれませんが、ストレートに言ってしまうとウザイと思われる可能性もあります。そんなときの連絡として、まずは会いたいと思わせることが大切になります。どんなに会う理由を考えても、相手が会いたくないと思ってしまえば、色々な理由をつけて断られてしまいます。なので、まずは会ってもいいと思われる必要があります。そのために、なるべく明るくて楽しい内容の連絡をします。相手も楽しいと思えば、自然と会ってくれる可能性があります。
また、メールやLINEなどで連絡をするときには、シンプルな内容で送ることが大切になります。会いたいという意味を遠回しで伝えるために、長文で送ってしまうと、返事をするのが面倒だと思われる可能性があります。長文には、それなりの文章の量で返さないといけないと思う人は結構います。それなのに一言しか文章が思い付かない場合は、後回しにされてしまうことがあります。男性はただでさえ、細かいことに気付きにくい生き物です。長文で遠回しに伝えても、気付いてもらえない可能性があるうえに、面倒だと思われてしまいます。シンプルかつ、分かりやすい内容を相手に送ります。
シンプルで分かりやすい内容にするためには、共通の趣味があると連絡しやすくなります。共通の趣味が話題なら、相手も楽しいと思ってくれて、会いやすくなります。例えば、共通の趣味が映画なら、気になる映画があるから一緒にに見に行こうと、連絡をすることができます。相手も趣味が映画なら、一緒に見てくれる可能性も高くなります。映画を見たついでに、食事をしながら見た映画の感想も話すことができます。共通の趣味がなくても、相手の好きなものをリサーチしておくと、そういった誘いもしやすくなります。相手も自分が好きなものを一緒に楽しむことができるなら、会いたいと思ってくれたりします。
しかし内容が、お願い、一緒に映画を見に行こうよ、とお願いするのは、あまり頻繁に使うのはよくありません。可愛くお願いをするのは、たまになら効果があるかもしれませんが、頻繁に使われると相手もうんざりしてしまったりします。お願いを使うのは、ここぞというときだけにします。

返信を残す

必須項目には印がついています*