俺流オンナの口説き方~ギャル系女子の恋愛傾向と対策~

ギャル風な女性

自分がモテるかどうかを判断する要因として、「恋愛経験が多い」というのはもちろん大切なことです。たとえば、同年代の同性からみて恋愛経験が豊富だと感じられるような状態なのであれば、総じて「モテる」と認識しても問題ないでしょう。ただ、それが一時的なものなのかどうかという話になってくるとまったくわからなくなってしまい、なおかつ「なぜモテているのか」が分からなければいけません。

いわゆる「モテる人」というのは、自分自身が異性からどういった目線で見られているのかを良く理解しています。容姿が評価されているのか、それとも性格が評価されているのか、はたまたステータスが評価されているのかと言った傾向を良く掴んでいるからこそ、その場その場で最適な立ち居振る舞いを選択することができるわけです。

もし、容姿に優れている人がいたとしても、その人が自身の強みをしっかりと認識することができておらず、「自信なさげな態度」を露骨に見せていた場合には異性から対象者として見られなくなってしまうこともあります。むしろ、容姿に劣っている人が自分の強みをしっかりと認識しているような状態の方が、容姿に優れた自信のない人よりも圧倒的にモテることの方が多いです。

これは、受け身として恋愛を考える上ではもちろん大切なことですが、それ以上に重要なことは「口説くとき」です。人によって得意としている口説き方、いわゆる「殺し文句」のようなものがあるものですが、モテる人ほどこのパターンは豊富です。もちろん、ワンパターンではいけないということではないのですが、自身の強みと相手に対応するスキルが長けているほどパターンは豊富になっていきます。

これは意図してそうなっていくこともありますが、基本的には自然にそうなっていくものだという認識の方が適切です。多くの女性に対応するような意識を持つことによって経験が増えて行き、図らずもさまざまなスキルが身についていくという形になります。もし、「覚えよう」として取り組んでいくとすれば、無意識に学習していくよりも遥かに効率が良くなるといった違いがあります。

ギャル系女子だろうが清楚系女子だろうが、問題は「相手の気持ち(心)をくすぐることができるかどうか」が重要です。ギャップを演出するもよし、直球で勝負するもよしですが、最終的に相手の心に自分という存在を植え付けられるかどうか、どのくらい大きな存在として植え付けることができるのかが口説けるかどうかを左右します。

返信を残す

必須項目には印がついています*