俺流オンナの口説き方~アーティスト系女子の恋愛傾向と対策~

ギター

アーティスト系女子というと、「とにかく奇抜なファッションでとんでもないことを言い出す女の子」「だけど簡単に口説けそう」などと思っている男性も少なくありませんが、「変わってる」「口説けそう」という視点でしか彼女たちを判断できないようでは、とても恋人にすることなどできません。確かに彼女たちは、個性的なファッションに身を包み、音楽やイラスト、デザインなどに素晴らしいセンスを発揮していますが、普段は至って普通の感性を持った女性であり、礼儀正しく、一般常識を兼ね備えていることを忘れてはなりません。
アーティスト系女子の特徴は、自分の夢や目標に向かって努力を惜しまない勤勉なタイプが多く、忍耐力や向上心が人一倍強い傾向があります。「勤勉」「忍耐」というと意外な気もしますが、例えば音楽大学に合格できる人は、いわゆる一般の難関校よりも狭き門だと言われており、3歳頃から音楽漬けの生活を送っています。つまり、誰よりも努力を惜しまず、一つのことに集中して取り組むことができるのです。そのため、友達と遊ぶよりも練習や作品作りに没頭してしまう傾向があるため、いわゆる孤高の存在になってしまうことも少なくありません。
このようなアーティスト系女子の恋愛傾向ですが、1人で過ごすことには慣れているので、寂しさはあまり感じないタイプが多く、自分の作品の良しあしは自分自信が一番良くわかっている人が多いので、うわべだけの理解者を異様に嫌う傾向があります。しかしながら、人と接すること自体は嫌いではありませんし、恋愛に対しても比較的オープンな考え方を持っています。そんな彼女たちが恋愛の対象として認めるのは、共通の話題で議論できる人です。基本的に彼女たちは「話すこと」とりわけ「議論すること」が好きなので、例えば音楽に打ち込んでいる女性であれば、音楽に関して議論できる相手こそが恋愛対象となるのです。
一人でいることに寂しさは感じないのに、人と共通の話題で議論が好きだという複雑な感性の持ち主であるアーティスト系女子の口説き方は共通の話題を持ち、とにかく議論することです。普段はおとなしいイメージがある彼女たちですが、いざ議論となると人が変わったように話し始め、自分の感性に合致する人を見つけると、途端に恋愛感情が湧き出るのが彼女たちの大きな特徴です。ただし。彼女の意見に対して同調し過ぎないことも大切です。アーティスト系女子は、とにかく上辺だけの会話や意見を極端に嫌う人が多いので、思ったことを包み隠さずに話す男性に魅力を感じます。例え喧嘩になったとしても、本音で話してくれる男性に彼女たちは魅力を感じますから、まずはたくさん話すことが大切なのです。

返信を残す

必須項目には印がついています*